センターのガンドッグ

イングリッシュ・セッター イングリッシュ・ポインターの里親募集!CACI活動ブログ!

東京のど真ん中に捨てられたプードル

昨日、風子さんから電話があり

東京のど真ん中に 繋がれて捨てられたプードルが2頭。、

そのうちの1頭を引き取ったそうだ。

なんと、貼り紙があり

『ペットショップでOO円で購入しました。飼うことができない大変で・・』というような
内容が書いてあったそうだ。


ぬぅわにーーーーーー!

人間は必ず困難にぶつかる。

何があっても捨てることはないだろう

しかも、2頭も買うなよ!ほんとに頭にくる!

あまり頭にき過ぎて書けないので

可愛いこの子を見てください。

008りりーちゃん
014りりーちゃん
010りりーちゃん

風子さんが、散歩で連れてきてくれました。



リリーちゃん。

推定4歳くらい。

産んだ形跡あり。

5~6キロ。

従順で穏やかでおとなしくフレンドリー。

お散歩も上手で、抱っこ大好きです。




バギーを押している若い女性

つなぎを着ている若い男性を追うそうです。

環境の変化は誰にでも起きうることですが

どんなときでも手放さず飼う覚悟がなければいけません。

頭でわかっていても、犬を1頭飼育するにも猫を飼育するにも

お金も時間も必要なんです。

それがわかっていない人が多すぎやしませんか???


先日も回りまわって菊地と私にまったく違うところから

同じ犬の相談が舞い込んできました。

高齢の親が飼っているプードル4歳。

(4年前の時点で親はいくつだったのよ、の話です)


親の入院で飼えなくなり

困っているとの話でした。

お互い同じ話だったのでびっくりです。


若い1人暮らしの転居、経済の理由
結婚して子供ができたから
親が高齢になり・・

身勝手な話です。わかりきってることですよ、どれもこれも。

うちの親はもうすぐ80ですが元気です。

でも犬を飼いたいと言ったら、答えはNOです。

最後は自分が受け皿になればいい、という考えは

私にはありません。

なぜなら、たった一人の飼い主で最後まで生きることが

幸せだと思うから。

(追記します、大事なことなので)
それと、自分の環境だって、変化するものです。
引き取ることを確約できません。



私たちの活動がなくなること、それは

たった一人(家族)が自分の飼うペットを
最後まで責任を持って飼えばいいことなんですから。

やむ終えぬ事情で手放すことが合っても
それだって最後まで里親探しをしてみるとか・・


何で捨てるんでしょうね・・・


リリーちゃんは29日の里親会に参加します。


byボン


下のポチッ!をよろしくお願いします!!



にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村  マジックからのお願い



人気ブログランキングへ   


                     

別窓 | リリー(P) | コメント:4
∧top | under∨
| センターのガンドッグ |