catalog image

命を預かる者として

ビーグルちゃんの捜索に、なにも聞かず、なにも言わずにシェア・拡散くださった皆様 本当にありがとうございました。こんな形でこの子を抱きしめる結果になりCACIボランティア一同、無念で悔しくてしかたありません。今からお伝えする出来事は、私たちの信念である真実を伝えることそして、皆様も一緒に考えていただきたいことでもあります。コメントをいただく際、誹謗中傷と思われる、不快な気持ちになるものは即刻削除させてい...

catalog image

千葉県動物愛護センター意見交換会がありました。

今晩は、ボンです。日付が変わってしまいました。昨日13日は千葉県動物愛護センターにて愛護センターに登録しているボランティアの意見交換会がありました。塩浜ドックラン譲渡会と重なりメンバー分かれて活動しました。私と宮地君は愛護センターの意見交換会へ。愛護センター開所から30年の歴史を追いながら、改善改修したことなど、様々な取り組みを塚本所長からお話をお聞きしました。思い起こせば、私たちが「三番瀬海の犬...

catalog image

2015年ありがとう♪2016年も進め!CACI!

あけましておめでとうございます昨年は皆様に活動を支えていただき本当にありがとうございました。 本年も気合入れて頑張ります実は~~記事を書いていたら年が明けてしまいましたCACIの2015年振り返ると年明けから沢山の命と出会い沢山の方に出会い沢山の方に助けていただき沢山の笑顔と優しさと涙で今日の日を迎えます。忘年会前だったか・・ボランティアさんに聞かれました。「CACIは今まで何頭の子を救ったのか?」その数が知...

catalog image

ありがとうございました!

1年早いもので、もう大晦日となりました。今年はシェルター移動もあり怒涛の後半となりましたが、新しいシェルターでの生活も落ち着きはじめ、散歩コースにも慣れてきました。シェルター移動前に沖縄から来た ポインターアンザの血管肉腫が判り、余命宣告をうけました。「桜の時期まで生きられない」古いシェルターでは、まだ怯えが見えていたアンザ。新しいシェルターでは信じられないほどのびのびし、リラックスしている様子がよ...

catalog image

日々の活動~大掃除の巻~

ようやく春らしくなってまいりましたね。そんな中、若いボラさんたちの発案、主導でセンターアパートの大掃除が実現しました。若い皆さんが積極的に動いて下さり、頼もしい限りです。まず犬たちを交代で外へ連れ出します。あだっちーはフィンをみっちゃんはフィズをコリンちゃんは杏仁&杏露をMIKIちゃんは、カレンダー撮影を兼ねてマジックを車で連れ出します。犬たちが出たら、中にある物をとりあえず外へ。たくさんの備品や毛布...

catalog image

あの瞳が忘れられません

千葉県動物愛護センターへ行きました。CACIボランティアになり丸三年。様々な資料を読み、頭でっかちになっていた私がセンターに行くことは、一つの課題でした。目を反らさず、自分の目で確かめること。緊張から顔は強張り、どんな顔をした私がガラス越しの彼ら(犬たち)に見えたでしょうか。犬は頭が良いのです。ほじょ犬(盲導犬・介助犬・聴導犬)をはじめ、人間を手助けする役割。遊びを楽しむかの様に、任務を誇りに動く...

catalog image

出会いって素晴らしい!!

皆様、こんばんはボンです。卒業シーズン到来!今日はボランティアの話題ですが、お付き合いください(笑)2年半、一緒にお当番をしてくれた大学生の久慈君が大学卒業後、東北の田舎で就職するため帰ることになった。27日の月曜夜当番が最後。そして、もう一人。ドックトレーナーの学校を卒業する竹並君。3月5日が最後の当番。竹並君は卒業後、訓練士になるためまたお勉強。2010年、のんちゃんと散歩する久慈君。ボランティアに参加...

catalog image

ボランティア物語

『お久しぶりです!今日金子さん、アパートに行きますか?』  懐かしい声ボランティアのゆりあちゃんだった2010年、桜満開の季節にゆりあちゃんから、ボランティアに参加したいとメールが届いた。彼女は、ドックトレーナーを目指しシェルターに近い学校に通っていた。そして私が担当する曜日に来ることになった。ドックトレーナーの金の卵のゆりあちゃんが最初にぶち当たった壁は セッターのジェームスの散歩だった。なかな...