Post image

1通の手紙

命の終わりや、命の期限は そう、だれにも分からない。この時だって・・・・23年2月2日、茨城のセンターから来たデイジー。デイジーは、この時引き出す予定ではありませんでした。本当は見過ごしてしまうはずだった・・・。センターに向う前の日、当会菊地に相談し引き出せても、老犬かもしれない里子には行かないかもしれないね・・・と話していました。菊地の返事は『それでもいいじゃない。助けられる命があるのなら  短い命...