FC2ブログ
avatar image

モカ 永眠しました

2月16日 モカが永眠しました。

花に例えるなら、薄いピンクのスウィートピー。

優しくて、心広く、穏やかな性格。


痛くても苦しくても最後の最後まで『ヒン』すら言わず


声も出さずに、眠ったままの姿で旅立っていきました。



2009年1月、モカと初めて会ってから
闘病し、4回の耳下腺癌の手術をし
1年も入院生活をした後、我が家で過ごして来ました。

2009年1月27日 モカ

モカの引き出しまでの記事は以下。
モカと一緒にセンターに収容されていた子達も
今もまだ闘病している子、新たな家族と出会えた子、
まだ家族を待っている子がいます。

モカが亡くなり、モカの姿を画像で探し
昔の記憶が蘇ってきました。

2009年1月のセンター記

2007年から、鳥猟犬救済に力を入れ始め
どれだけの子が、助かったのか・・。


どんどん捕獲される鳥猟犬たちを
本当に頑張って出してきたこと・・・

自分で振り返ってみても、奇跡のようです。

のんちゃん
現在もCACIにて暮らしています。

099 のんちゃん

ドン君
長崎に里子に行き、幸せに暮らしています。

073ドンちゃん

ロック君
現在もCACI 三番瀬アパートにて暮らしています。
里親様募集中!

095ロック

097ロック


吉永小百合様
里親様の元で幸せに暮らしています。

079 2009年1月27日




小さかった長男も、今年は中学生になります。
今じゃ、目線は私と同じ。

この時から、一緒にモカと過ごしてきました。

011 moka





016 モカ
014モカ 4月


今までのことは少しですが以下から
知ることが出来ます。

モカの事




火葬が終わり、骨になったモカを見て言葉がありませんでした。

癌に侵された左側の側頭部から顎にかけ骨が溶けてなくなっていました。

痛みも酷く、口もあけなかったのに

それでも頑張って美味しそうに食事をしてたモカ・・。


本当に本当に親孝行な子です。






いつもいつも見送るたびに想います。

こんなに可愛い子に出会えたことに、

私を選んでくれたことに、

私を支えてくれた多くの方に

モカやグレースのためにご支援下さいました多くの皆様に

感謝してもしてもしきれません。



『モカ』という名前をつけてくれたMIKIちゃん。

最後までこの子は『モカ』として生まれてきたような

気がしたよ。

名前の通り、優しいトーンが似合う子だったよ。

ありがとう・・・。



 最愛の子を失う悲しさも涙も乾くことはありません。

 でも、人は生きていきます。

 思い出と一緒に生きていきます。

 
 もし、また犬と暮らしたいと想ってくださる方がいたら

 モカのように、センターから来た子を迎えてほしいと切に願います。

 
 生きていける場所さえあれば、モカのように輝ける日が

 また来るのですから。


 闘病していても、モカは輝いていました。

 楽しそうでした。

 
 一番は・・・・私が幸せでした・・・。

 


by ボン

Comment

  • Mマミー
  • URL

モカちゃんのご冥福を心からお祈りいたします。。。

モカ・・・何故か病気で優しい子がそう付けられてる。

うちのモカも奇形猫です。随分苦しい、痛い思いもしてきましたが、大きい手術をする予定が、しなくてもオシッコが出るようになり、マイペースでのんびりですが、私の傍で私に癒しをくれています。

モカちゃんも、きっと辛かった、いや、かなり辛かったんだと思いますが必死に我慢し(動物には我慢しかできないですよね、ワガママ言って痛みを和らげろだの、眠らせろなど言えませんからね)ママさんの笑顔に支えられ、またその笑顔が見たいから頑張れたんだと思います。

本当に優しく、イイ子ですね。

向こうでは、痛みもなく元気に走りまくっててほしいですね。

  • はち
  • URL

モカちゃんのご冥福をお祈りします。

モカちゃん頑張りましたね。
頭の腫瘍が痛々しくて、写真を見るのがつらかったです。

ボンさんは、一般のペットと暮らしている人の数倍、もしかしたら数十倍、旅立つ子を見送ったのではないかと思います。
4頭の犬猫しか見送っていない私ですら心が壊れてしまうほどの悲しみ寂しさに取り込まれてしまいそうでした。

グレースちゃん、モカちゃんの相次いでの旅立ちは寂しいですが、彼女たちの生きる!頑張る!姿は要介護の子と暮らしている私には励みになりました。

とてもつらく、苦しかったと思いますが、彼女達は愛され幸せだったと思います。
ボンさんに出会う為に生まれてきたと思います。

生まれ変わっての再会、何十年後、虹の橋での再会を楽しみにして生きていきたい、そう思っています。

金子さん、皆さん、ありがとうございます

モカちゃん、グレースちゃんのご冥福を祈ります。

きっと先に虹の橋を渡った仲間たちと一緒にいますね。
笑っているかな・・、走っているかな・・?

どのワンちゃんにも全力でかかわってくださる事、感謝です。本当にいつもいつもありがとうございます。


モカちゃんの記事を読んでいたら我が家のサリー(元吉永小百合さん)の姿を発見しました。

センターにいた時のサリーの様子を初めて見ました。

私が知っていたサリーの記事はセンターを出る日の様子からだったのです。

それから記事をたどり”震えるセター”へと。
胸がドキドキしました。涙が出てきました。

金子さん、CACIの皆さん、多くの犬達の命をつなぎ、そしてサリーを私たち夫婦にに託して頂き、本当にありがとうございます。

多くの里親様方が同じような気持ちでいらっしゃると存じます。

サリーは元気です。
来月の16日で我が家に来てくれて3年になります。

毎日良く食べ、走り、鳥・猫にセットし、夫と一緒に眠ります!

サリーはいつも笑顔です。幸せだと信じます。
そしてその何倍も私たちが幸せです。

サリーがいるから私たちの毎日が楽しい日々になっています。

救って頂いたサリーの命、大事に一緒に生きます。




  • まみ
  • URL

グレースちゃん、モカちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。

そして、ボンさん ありがとう。


わたしは、シェイクとたるに うるさいくらいに励まされる毎日です。

本当に  みなさん  ありがとう。

ご冥福をお祈りします

モカちゃん、きっと最後まで暖かい目に見守られて幸せだったと思います。
セタ―は甘えるのが大好き。頭を撫でてもらうと本当に幸せそうです。
きっと、モカちゃんも優しい手が何より嬉しかったに違いありません。
精一杯生きて、私達に沢山のプレゼントをしてくれたであろうモカちゃんのご冥福を心よりお祈りしています。

  • ボン
  • URL
Mマミー様

Mマミー様、こんばんは。
モカちゃん、今でもそばにいるのですね。
良かった。大きな手術もせず・・本当に良かったです。
『モカちゃん』本当にいい名前です。
そして、優しい子です。
今頃、走っていますよね。
痛みから解放され、感覚ももどり
よろけることなく思う存分、走っていると思います。
優しいコメント、ジーンときました。
Mマミー様、ありがとう・・。

  • ボン
  • URL
はち様

逝っちゃいましたよ、モカちゃん。
はち様も、悲しいお別れをされているので
気持ちが通じ合え、私一人じゃないと
私も励まされていましたよ。
本当にありがとう。
別れはつらいですが、救い出せないほうが
もっと辛い・・。

心が折れて、テーピングして
また折れての繰り返し・・。
でも、進みますよ。
今を生き、私達を待っている子がいるんだもの・・
ね、はち様。。

お会いしたことはないですが
同じ思いを抱いてるんだな・・そう思うと
なんだか、近い。
いつもありがとうございます。

  • ボン
  • URL
サリー母様

今晩は、サリー母様。

モカと同じ時期に小百合様は
センターにいました。
この時期から、我がシェルターも
猟犬で溢れるようになって行ったのです。

震えて眠るサリーちゃんの姿
今でも忘れられません。
まだ、悲しげに泣いている動画があります。
一生お見せできないものになるので
今回、この記事にUPします。
サリーちゃんがセンターで生きていた記録です。

モカとの別れは悲しいですが、数年でも
一緒に暮らすことができました。
想いでもたくさんあります。

わずかの時間しか過ごせなかった子も
いる中、3年という月日は
大切な時間となりました。

サリーちゃんも3年ですね。
生きていてくれて本当に良かった。
サリーパパ、ママと出会えて
本当に良かった。

あの日、サリーちゃんの寝転がる姿
怯える姿を見て心が決まった
パパとママ。
モカは私に会うために・・
サリーちゃんはパパ、ママに会うために
あの日、センターにいたんだと
今はそう思います。
お礼を申し上げるのは私達ですよ。

心から、ありがとう。。

  • ボン
  • URL
まみ様

まみ様、いつも応援ありがとうございます。
センターでのシェイク。
心が読めなかったこと、今でも
考えると恐ろしくなります・・。
シェイクのような、こんなにいい子を
どうしてセンターでわからなかったのか・・。
シェイクの懐こさに気がつかなければ
私はシェイクを殺してしまう所でした。
あの時、もう一度シェイクに触れてよかった・・。

まみ様がシェイクの命のバトンを
受け取ってくれて、本当に感謝です。
大変な時期も必ず過ぎていきます。
だから、頑張ってくださいね。
散歩の助っ人ならいつでも行きますからね。

こちらこそ、ありがとう。。

  • ボン
  • URL
yumeko様

yumeko様今晩は。

添い寝が好きだったんですよ。
程よい近さで。
私は動かず、モカが距離を測り
鼻息がかかる近さに顔を向けるんです。
愛しい子でした。
きっと、またこうして出会う子が
いるのだと思います。
そのときのために、モカのスペースは
空けておきます。

セッターもポインターもどうして
こう、甘ったれなんでしょうね。
甘え方がオーバーですよね。
わかります、とっても。。

yumeko様、いつも本当にありがとう。。

  • ishimine
  • URL

グレース,モカの冥福を心よりお祈りします。


以前公園で保護したセッター。ジョンという名をつけました


病気もあり一年しか一緒に暮らせませんでした


亡くなる前の数ヶ月は入退院の繰り返しで見ているのも辛かった…。
家に連れて帰って彼は幸せだったのだろうか?
治療という名の下で苦しい思いをさせたんじゃないだろうか?


ずっと心の奧にその想いを持ち続けていました。

金子さんやボランティアの皆様の活動を知り、金子さんとお話出来たこと、ブログを読ませて頂いたこと。最近やっと彼は私に出逢えて良かったと思ってくれていたんじゃないかなと、想えるようになりました。


ありがとうございました。


きっとまた逢える
その時はたくさん走ろうね。ジョン!


  • チャキママ
  • URL
冥福を心よりお祈りします。

モカちゃんのご冥福をお祈りいたします。

本当に癌って奴は嫌ですね。
にっくき奴です。
私も昨年連日で2頭が永眠しました。
でも一生懸命生きていました。
まだまだボンさんの足元にも及びませんが、処分される子が少なくなるよう、できる限りレスキューしていきたいと思っています。

  • ボン
  • URL
ishimine様

ジョン君、保護されずにいたら
1年も生きられなかったでしょうね。
『出会いは必然である』そういってくださった方が
いました。
ジョン君も、モカやグレースもそうならば
嬉しいですね。

いつか、また新たな出会いがあることを
私も祈っていますよ。
コメントありがとうございます。

  • ボン
  • URL
チャキママ様

ご無沙汰しちゃって・・。

チャキママさんも、出会いから別れまで
人間の嫌な部分も、そしてワンの病気も
すべてを抱え看取られましたね。
別れも辛いものだったと思います。

私達は、保護という名前の裏に
抱えたら最後まで・・という責任が
いつでもあります。
でもね、保護するたびに大きな病気を
抱えている子を見ることは辛いですね。
でも、自分達が看取らなければ
この子は一人ぼっち・・。
そう思うと頑張らないとと・・。
チャキママさん、頑張りましょうね。
またお目にかかれる日を楽しみにしています。

  • キナコママ
  • URL
ご冥福をお祈りいたします

モカちゃんのご冥福をお祈りいたします。
きっと虹の橋のもとで待っているよ。大好きなキナコ君が永眠した時、ネットでお墓を作って、だいぶ心が落ち着きました。ここに眠っています。
http://www.pet.ai/grave.aspx?map=1&g=2530

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する