FC2ブログ
avatar image

もどかしい毎日・・・

皆様、こんにちはボンです。

このところ、絶え間なく猟犬たちが愛護センターに収容されています。
残念ながら、現在の私達にはどうすることもできません・・。

その理由は・・・・
ボランティアの人数が足りません。
資金が足りません・・。


毎日のお当番は3人一組で、朝夕メンバーをかえて行っていますが
ほとんどのボランティアさんは、仕事をしています。

それでも何とか今日まで頑張ってきましたが
卒業、就職とここを巣立っていくボランティアさんが多くなり
毎日のお世話自体、危うくなって来ました。

20頭を3人で世話すると役5時間半はかかります。
これも時間短縮で行ってですが、
トレーニングを含めると、本当はもっとかかります。

頑張れば、あと数頭シェルターに新しい子を迎えることができるのに
ボランティアの人数が足らないことで
今、センターの子達を助けることができません・・。


ボランティアを体験したいとお申し出はありますが
1回の体験で、連絡もなくやめて行く人も多い現状です。
大人なら、せめて続けられませんの一言くらいは
あってほしいですけど・・。


ボランティアに参加された方は、こんなにきついと思いませんでした・・と
おっしゃる方も多く 『犬との楽しい散歩』を期待されていた方には
残念でした・・ですが、コツを掴めば楽しくなるので
そこを乗り越えてほしいと願っているのですが。

今、CACIで頑張っているボランティアさんたちも
乗り越えて来ました。

鳥猟犬は目的があって引っ張るのですから
他の犬とは違います。
慣れるまでに時間もかかります。

そこを乗り切れば、楽しい散歩ができるようになる!!


私達がしていること、すべて3K!

そこも理解して参加してほしい・・。

命をつなげることは、簡単なことではなく
苦しくて、辛くて、汚いことがほとんどです。

でもその中に、小さな喜びが毎日あります。
自分達が作る架け橋で、保護犬達が幸せになるのなら
日頃の大変さだって、すべてクリアーになるのだと思います。



センターの子達を救いたいと思う気持ちさえあれば
その強い気持ちさえあれば、きっと一緒に頑張れる!
春休みに突入する学生さん、その若い力、
春休みの間だけでもこの子達に下さい!
1回だけといわず、何度でも来てほしい!

ご連絡は
ボランティア申し込み←からお願いします!



暫らくの間、新しい子を迎えることができないと思いますが
センターから直接、引き受けてもいいとおっしゃって頂ける方が
いましたら、お声をかけてください。

引き出しから、お届けまでさせていただきます。







土曜日のこと・・・

イヴの様子が悪く病院へ連れて行こうと迎えにいくと・・・





ローちゃんが毛布にくるんだイヴを抱きしめていました。

『なんだか2度と会えない様な気がして・・・・』と・・。



病院の検査結果がでて、肺腫瘍、余命1ヶ月とのことでした。

走りなれた道なのに、イヴを乗せてシェルターに向うまで

何がなんだかわからず、夜当番で最後のシッコ出しに出ていた

宮ちゃんが心配して

 『イヴどうでしたか?』と、その声を聞いて

涙が溢れてきました。


宮ちゃんが一言・・・

 『イヴ、ここに来れて良かったんですよ』


そうだよね、寂しい最後を送らせずにすんでよかったよね・・。

短い間でもみんなに愛されよかったよね・・。


今、みんながイヴに沢山の愛を注ぎ、思い残すことがないくらい
お世話をしています。

もし、良かったらこんな私達の仲間になってほしい。


そして、イヴのように最後の日をCACIで迎えられるように

悲しい最後を迎えることのないように、どうか力を貸してほしい・・・



本当の幸せを掴めるその日まで、

 一緒に頑張ってくれる人が多くなることを願っています。

Comment

  • はち
  • URL

イヴちゃんのことを思うと涙が出ます。

お尻の脂肪腫だけだと思ってました。

可愛くて甘えん坊のイヴちゃん
毎日お世話をしている皆さんの気持ちを思うと辛いです。

一日でも長くイヴちゃんの笑顔が見られますように。

  • ボン
  • URL
はち様

今晩は。
1ヶ月前の検査では見つからなかったんですよ。
血液検査も問題なく・・。
食欲が落ち、下痢が続いていたので
病院には行っていたのですが・・。
ボランティアのみんなも本当に心痛めています。
これから介護が必要になるため
今日から我が家です。
残りの時間、大切に過ごします。

  • ボン
  • URL
カギコメ様

いつもありがとうございます!
菊地からご連絡させていただきます。

  • URL
カギコメ様

いつも応援、ご支援を頂きまして
ありがとうございます。

お問い合わせの件につきまして
メールさせて頂きました。

宜しくお願い致します。

  • Noah
  • URL
わん達

ボランティアをしながら思う事。

まだまだ短い期間ですが、散歩ボランティアをしてきて考え感じて思う事。


自分に出来ることは、とっても限られている。

それでも、取り組めば少しでも違いをつくれるはず。

そして、その違いを認識するのは人間達ではなく、犬達だろうと。


これからも、ずっとずっと取り組んでいきます(^^)
わんこ達と触れ合える時間はとても短いけど、わんこ達がこれから里親さんと出会い、その後の犬生を穏やかに楽しくおくってくれることが、一番の喜びとご褒美、やりがいですから。

  • ボン
  • URL
Noahちゃん

お疲れ♪
そうよね~やりがいは犬達の幸せな姿!
そこよね。。
これからも一緒に!!
今年のクリスマスは、昨年やりのこしたアレを
必ず実現させようね♪

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する