FC2ブログ
avatar image

マシューとの日々

こんにちは♪

ご存知の方も多いかと思いますが、

マシューは他犬に会うと興奮してパニックになり、

ハンドラーの足や腕に噛みつく転移行動があります。

興奮するのは他犬に攻撃的だからではなく、

ただただ行きたいという気持ちからなのです。

でもどうしたらいいか分からない、

そして行くことができないもどかしさだけが湧き上がり、

それがハンドラーを噛むという行動に変わります。

じゃあ、行かせちゃえばいいんじゃないの?

と思うかもしれませんが、

マシューはそもそも社会化が不足しており、犬のボディランゲージが読めません。

また何か刺激を受けると噛む行動が見られるので、

他犬にいかせてしまうのは現段階では危険なのです。

マシュー4


こういったマシューの状態は、もちろんマシューが悪い訳ではありません。

マシューはこういった行動をする犬にさせられたと言えます。

しかし例えマシューに原因がなくても、

このままでは里親さんを見つけることすらできません。

そのために必要不可欠なのがトレーニング。

私たちボランティアはプロではありません。

でもやらなければ、マシューは一生このままなのです。


トレーニングを開始したのが昨年の夏。

トレーナーの星野先生に来て頂き、マシューの扱い方などを勉強しました。

ちょうどその日、

まだ散歩中にマズルガードをしていなかったため、

私はマシューに脚を噛まれました。

噛みとしては甘噛みの強い版。

もちろん本気噛みではありません。

でも痛い。

そりゃ痛い…。

しかもこちらに原因があり噛まれた訳ではないので、とても怖かったのを覚えています。

先生による勉強会中も、その後の散歩でも。


マシューはその曜日のリーダーが基本行くことになっています。

だから私が入っている土曜朝は私がいかなければいけない。

行きたくない、逃げたいとは思いませんでしたが、

とにかく怖かったです。

いつも緊張と恐怖で心臓がバクバクしていました。

私、見た目に反してノミの心臓でして…。

私が緊張したり怖がると、それはリードを通してマシューに伝わります。

犬は本当に感受性の強い動物。

簡単に見透かされるのです。

先生に相談したら、

「むしろその緊張を楽しむくらいの気持ちでやって下さい。」

と無茶苦茶とも思える事を言われ、ムカッときたのをよく覚えています(笑)


私はプロじゃないっ!

先生のようにはできないと…。

マシュー1
(なんとかやってますが、心臓はバクバク…)


でもここでやめたらマシューの事は理解できません。

そもそもこれからどんな保護犬がくるか分かりません。

同じ犬種でも性格は皆それぞれ違い、これまでの背景も当然違います。

マシューで諦めたら、これから救える可能性のある犬を自分は救えなくなるかもしれないのです。

自分の技量次第でそうなるのであれば、

自らに技術と知識を身に付けなくてはいけない。

マシューには先生でも私のような素人でも関係ないのだから。


そう再認識してからはとにかくマシューと向き合いました。

先生に言われた通り、頭を使った遊びと服従訓練を毎回欠かさずやりました。

恐怖心も克服し、マシューがピリピリするような緊迫した散歩ではなくなったと思います。

マシュー2


そして、先日今年初めてのトレーニングがありました。

「マシューとの関係性がだいぶ築けてきている」

と先生に言ってもらえましたが、

実際に散歩を見てもらうと私が修正しなければいけない所が沢山ありました。

マシュー3


まだまだですし、週1回しか行かないので時間もかかります。

でもマシューにはそんな事は関係ないのです。

犬の1年は人間の1年とは違う。

早く慣れさせて、早く里親さんを探せる状態にしたい。

ボランティアさん皆、同じ気持ちだと思います。

人が努力して変われば犬が変わる。

ならば頑張らねばっ!


久しぶりのトレーニングでまた身の引き締まる思いがしました。

早く次の段階にいけるよう、

でも焦って失敗を重ねないよう、

もっともっと犬から学ぼうと思います。



ヨウ

Comment

  • ボン
  • URL
地道に行こう!

マシュー君、保護当時から変わったね。
星野先生が言っていた『頭を使う・考えさせる』と
言う意味がなんとなくですがわかってきました。
私もまだまだ、マシューと上手に散歩できませんが
ヨウちゃんの言うように、失敗を重ねないよう
注意して行きたいと思います。あまりこちらが
注意しすぎるとコチコチでリードで伝わるよね。
私が思うリードとは、犬と人を繋ぐ伝達手段だと
思います。少しの変化(引き具合)やこちらの伝えたいことをリードを通して伝える・・そう思いますね。
リラックスしながら、楽しみながらいける様に
私も勉強します!

  • さと
  • URL
見守ってます

ご無沙汰しています。
ブルーノ(スカッシュ)里親のさとです。
ブルーノも噛みはしませんが一緒でした。
遊びたくて、気になってなんですよね。
でも、怒られると、怒り返して喧嘩になって。

向こうから犬が来たらお座りさせました。
フレンドリーな子だと、近寄ってくれるので、自らお座りするようになりました。
1年かかって、静かに挨拶できるようになりました。
マシューくんもきっと、出来ると思います。

最近、「 ほめて躾ける 」躾け教室に変えました(笑
やはり、先生が「どうしたらよいか考えられる犬に躾けていきましょう」と言っていました。

ブルーノは今でも、ドアから出るとき、立ち止まり私を気にします。アパートで、お散歩ボランティアさんに躾けていただいたことを、今でも忘れずにしています。
本当に、助かっているし、感謝しています。

どうぞ、がんばってください。

  • ガンドッグシスターズ
  • URL
Re: 見守ってます

さと様、こんにちは♪

ブルーノ君は本当に元気だったな~、というのが私の印象です。
向き合ってきたからこそ、喧嘩もされたのですね。

「お座り」のコマンドは、犬をただ座らせる事だけではなく、
興奮を鎮める効果や、
相手の犬に自分に敵意がないことを伝えるカーミングシグナルでもあるので、
とても有効だと思います。

褒めることって大切ですよね。
褒めるタイミングひとつ違うだけでも犬に差が出るほどですから…。
しつけ教室に通い、さらにブルーノ君との絆を深めて下さい。

私も頑張りますっ!

  • ガンドッグシスターズ
  • URL
Re: 地道に行こう!

そうですね、地道にやることが大切ですよね。

時々、うまくやれてるのか不安になることもありますが、
自分とマシューとの距離を少しずつでも縮めていきたいと思っています。

犬に教えられることは本当に多いですね。

  • さと
  • URL
すみません、ブルーノの名誉回復

すみません、私の書き方が悪かったです(涙
喧嘩したのは、私でなく、上手に挨拶できなかったワンちゃんとです。で、1度がっつり年上のワンコにやられてからは、空気が読めるようになりました。
私には、「遊ぼ」と、バウポーズで遊びに誘ってくれます・・・それも複雑ですが、誘われて遊んでいます。
ガンドッグって、褒められるのが一番嬉しいんじゃないのかな・・としみじみ思うこの頃です。
私は24時間一緒にいて、1年過ぎてここまでこれました。
短時間で、マシュー君との関係を築けて凄いなぁと思います。
トレーニングも、おっしゃる通り、絆を深めることが出来るんですね。
私もトレーニング頑張ります!
ホント、飼い主の躾け教室ですよね。
イライラしてたら、「はい、深呼吸して~」と言われました!

寒さ厳しい折、お体に気をつけてください。

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する