avatar image

第二の犠牲

こんにちは、ボンです。

台風の影響で、我がシェルターも水浸し・・・。

もう少しで犬たちのケージ内まで水が来そうでした。
古い建物ゆえ、心配はつきません。

数ヶ月前より 千葉県動物愛護センターに
収容される猟犬たちが増えています。

11月の猟期にあわせて、いよいよウォーミングUPに入ったか
それとも今期は使えないと捨ててるのか・・・
そんなことが頭をよぎります。

常日頃から、伴に暮らしている子なら
今更のウォーミングUPは不必要なものですが
この時期、迷子 捨て犬が増えるのは毎年のことです。


愛護センターには、殺処分を免れた猟犬たちが
数頭います。

しかしどの子も声もかからず、先月半ばから
ずっとセンター暮らしをしています。

捕獲され、譲渡用として生きる切符を手にした後の
過酷さは相変わらずで、始めは他犬に対しても
問題なかった子が、他犬と同じ部屋にいられなくなったりと
悪い影響を及ぼしているのは事実です。

CACIでも何とか引き取れないか、考えてみたものの
空き部屋、ボラの人数が足りなく
おまけに、運営資金難ときており動けないままいました。

が、そんなことは言ってられないんだ、と思ったのがの記事
ちばわんさん 愛護センターレポート 10月8日

ちばわんさんは、MIX犬を中心に頑張ってRESCUEしてくださっているボランティア団体です。
事細かに、収容された犬たちの情報を掲載してくださっています。


(※画像はちばわんさんからお借りしています)

f0078320_214857811.jpg

人の傍に座っていることは、一番安全な場所と思っているからだと思います。
f0078320_21492281.jpg


この記事をみて、センターに引き受け先があるかどうか
問い合わせたところ、このような回答がありました。

センター職員の方 
『ここ最近、他の犬へキツクなり、小部屋へ移動しました。他の犬にきついですが
 大丈夫ですか?』とのことでした。

ちばわんさんのレポートのときと、状況が変わってきてるということは
恐怖等の問題もあり、他犬に対して攻撃的になってしまったのかも?

このままにしておいては、引き取り手すら難しくなるだろうと思いました。

そして、このセッターが大部屋から出たあと
代わりに入れられたのが、性格のいいポインターのオスでした。

ちばわんさん 愛護センターレポート10月15日 パート2
(※画像はちばわんさんからお借りしています)
前回のレポートの時には、明るくてやんちゃな姿を見せてくれていた子が
こんなに怯えた目で、また、他の犬が動いているのに
じっと座っているのは、動けないんですね。
回避してるんですよね・きっと。

マジックをセンターで初めて見たときもそうでした・・。

f0078320_23335769.jpg
f0078320_23511797.jpg
 

セッターのオスは、今日引き取りました。
グラン③10.11
グラン②10.11
グラン①10.11


遅くなればなるほど、リトレーニングは難しくなります。

しかしながら、このセッターを出しても
このセッターの代わりに入ったポインターが問題を抱えてしまうのも
時間の問題。

第二の犠牲です。

保護環境には無理がある。

死なせずに縁を繋ぎたいと願うセンターの職員の皆さんの思いもわかる。


しかしながら、犬の性格、その後のに起きうる問題も
考え、収容してもらわなくては、引き取るボランティア団体も減ることは
理解して頂きたい。
そして、考えてほしい・・。

一番は捨てる人ですが、ここを言っても仕方がないので
保護したあとのことをきちんと考えていかなければ先に進めないと
今回は記事にしました。

引き取り団体が増えて、犬種に関係なくRESCUEできるのが
一番ですが、ボランティアが増えるよりも
その活動を応援してくださるサポートしてくださる預かり先
里親様が本当に 本当に必要です。


ペットショップに行く前に!を私たちも呼びかけていきます!


セッターの子、小ぶりの子だそうで、体重15.6キロ。
フィラリアは陽性ですが、テンション高いと病院の先生から
今電話がありました。
鍛え甲斐がありそうです。
名前は『グラン』君

そして、明日、ポインターのオスを迎えに行きます!


どこに置くのか????置ける場所など今はありませんが
一旦は病院へお預けし、そのあとじっくり考えます。



ちばわんさんの、チェリママさん、ひなのんさん、いつもレポート
ありがとうございます。
どのこの画像をみても、そのこへの想いが伝わってきます。
画像、貸していただきありがとうございました。


by ボン

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する