avatar image

大島の仲間に・・・

今晩は、ボンです。

日ごろあまり登場しないわたくしでありますが
今、足の手術を受けたばかりで動けないので
せめてここに思いだけでも書きたいとPCに向かっております。

1日中流れるニュース。
大島でいまだ連絡が取れずにいる多くの方・・・
ご家族の皆様はどれだけの思いでいらっしゃるのでしょうか・・。

一刻も早く、ご連絡が取れますように。
そしてご無事でいてくださいますように・・・。




離れてはおりますが、まさにこの大島に
私の仲間がおります。

今日、無事を確認することができました。

それは大島にいるぷーさん。

ほらほらみんなお散歩いっくよ~(ぷーさんのブログ)

彼女の話から、本当に大きな被害があり
自分のことよりも島の犬猫、そして島の人のことを
心配していました。

彼女のところも被害がなかった訳ではありません。

沢山の犬たちが遊ぶフェンスも壊れてしまったとか・・。


ぷーさんは、どこの団体に属するわけでもなく
個人での活動を続けています。

いくら個人とはいえ、抱えている子は多く
東北沖地震の被災地の子達がほとんどです。

そして、大島の猫たち・・・。



この猫のことに関しては、何度となく解決策がないか
話をしていました。

島民の方々に、今まだ理解が得られず
奮闘している毎日です。

とにかく猫の数は多く
不妊去勢とできることを頑張って続けています。

不妊去勢をし、放しても生きていかれる場所ではないため
自宅でお世話をして、新しい飼い主さんを探す努力もしています。

しかしながら、島で猫を飼える方は、自分で保護され
すでに飼っている方ばかりで島内で里子に出すのは難しいそうです。



つい先日、青島の猫の記事がありました。

青島の猫

写真の猫は、痩せています。

お腹が空いているのでしょう・・・。

島民はわずか16人、みな高齢者の方です。

増やしてどうするのか??

先を読めない町長さんですね。


これを楽しみに行く観光客って一体何を考えているのでしょうか?
この現状を自然の成り行きと放置する行政はおかしいのではないでしょうか?

猫が100匹、メスが半分として、年に3回のお産。

子猫は餌がなく、死んでいく子も多いはずです。

また、病気の蔓延はどうなんでしょうか?

せめて、猫の島というのなら管理すべきです。

生きている猫も、生まれてくる子もそれ以上増えないようにするために

しっかり管理すべきです。



おっと、話がそれましたが、大島もそれに近いことに
なっているようです。

この問題は、東京都が考えて頂かなければいけません。
大島という島だけの問題ではありません。



今は個人で頑張っていますが、継続こそ力なり。

ぷーさんをどうか皆様、支えてあげてほしいと心からお願いします。

私もぷーさんを支援したい。

ですが、自分の会を守るだけでいっぱいいっぱいです。

せめて、当会のチャリTの売り上げの一部は
ぷーさんへの支援とさせていただければと思います。



皆様 ご支援を是非、お願いいたします!


ぷーさんへのご支援はこちら

  ご支援金振込先
   
   ゆうちょ銀行 10170-74457591
   東日本大震災犬猫レスキュー伊豆大島
   (ヒガシニホンダイシンサイイヌネコレスキユーイズオオシマ)
   

   他金融機関からお振り込みいただく場合は
   ゆうちょ銀行   
   店名 018 (ゼロイチハチ) 支店
   普通預金
   口座番号 7445759





byボン

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する