avatar image

6頭を保護しました

今晩はボンです。
CACI満員御礼?打ち止め状態となりました。

千葉県愛護センターに長居をしていた子達3頭
そして、今収容されている子1頭
県内の地域移送の最終部屋の子1頭
緊急RESCUEの子1頭

合計6頭を保護しました。
(1頭は11月11日の検疫明けで引き取り。)

う~ん、大変なことだ・・・。


狩猟犬の専門RESCUEをしようと2008年より
本格的に活動してきましたが
この活動を始めた頃
猟犬の特徴や、また過去の暮らしを推測することも
『感』に近く経験のない私たちには
毎日が手探りでした。

ただ、当時からわかっていたことがひとつだけあります。

保護した子が、猟に使われていたかどうか。


それはこの動画をみていただければわかります。






猟にお供する犬はバリケンに入れられます。
また普段も入れて置かれることが多い。
狭い中に閉じ込められ、自由を奪われている子も沢山います。

本来、猟をする子であっても、犬舎を自由に歩け
猟期以外でも大切な家族として伴に暮らしている子もいます。

しかしながら、今の日本における狩猟犬の扱いには
本当にひどいものがあります。
まず、健康管理、ワクチン接種、もちろん狂犬病だってしていないでしょう。
フィラリア感染は当たり前。

こういう子達を何頭保護してきたか。
一体、日本全国合わせたら 何頭の猟犬たちが
捕獲され、殺処分になっているか・・・。

今、猟犬の収容TOP
第1位は千葉県です。



全ての犬は千葉犬産ではないのかもしれません。

ですが、千葉で狩猟を行う場合
猟犬を放す場合、千葉県にマイクロチップを装着していない犬の
猟を禁止する規制を作るべきだと考えています。

そうでもしない限り、この猟犬放棄の問題は解決をみることもありません。


猟犬を保護しても、里子に出て行く数が合わず
シェルターで何年も里親さんを待つ子が多くなってきました。
いくら家庭犬としてのリトレーニングを重ねても
この犬種が好きな方でないと、ご縁もきません。

その間、多くの子がセンターで命を落としてしまっています。


猟犬の問題をもっと取り上げてほしいものです。


何故メディアはここに目を向けないのか?
不思議でなりません。
知らないはずはないのですから。

面倒くさいのでしょうね、相手が猟をする人間とわかっているのですから。


私は猟に反対ではなく、自分も猟をしたいと思う人間です。
活動を始める前までは、反対でした。
猟師なんて大嫌いでした。

でも、ゲームを伴に楽しみ、家族として大切に暮らして
いる方とも出会い、考えが変わりました。

自分のコマンドで広い野原を右に左に動くわけです。
一体となって。
素晴らしいですよね。


人間だけが楽しむために犬を使い捨てる人が多すぎる。

メスは子供を産ませ、仲間と分ける。
その後、親犬は子育てで体力が落ちて
猟欲もなくなり使えなくなる。


犬と人が一体となってゲームを楽しむ、これが狩猟であり
猟犬の最高の幸せです。


当会で保護している猟犬たちで
鼻を使わず、目で追うことで興奮する子に
星野トレーナーが
鼻を使うトレーニングを教えてくれています。

鼻を使うかどうか、これすらもとの飼い主達は
トレーニングを強化するどころか
何も教えていないことに、腹が立ってしかたありません。
教えないと言うより、教える技術も
気づきもなかったのかもしれません。


猟犬に生まれてきたからには
もって生まれた本能、特性を活かし
楽しく暮らしてほしいと幸せになってほしいと心から
願います。

猟をしてきた子は猟をとったら
楽しみはなくなります。
そんな子を増やさないように
猟に変わる何かを今後も教えてあげたいと思います。

NO!や、力で止めさせるのではなく
根本から変えていく。

獲物に代わる楽しいものを
教えていく、根本を変えることが
CACIの目指すリトレーニングです。


彼らは、どのような環境で今後暮らすか
わかりません。
そのために、養うことが多ければ多いほど
飛び立てる範囲が増えていく。

里子に行くときのお土産は沢山持って行っても
邪魔にはなりませんものね。

長くなりましたが、新入りちゃんたちの動画です。




このセッターの女の子は9月19日に捕獲され
愛護センターに来ました。
その後、10月初めこの子を見に来るとお話があったそうですが
10月15日の時点で面会者はありませんでした。

050セッターメス

他の団体の方も、この子には面会者がいるものと思い
誰も画像を撮ることもなく、ここにいることすら
知られることもなくなりました。

私が15日に聞かなければ、この子がいることも
知らずにいました。

思い切って聞いてみてよかった。
この子がいることを知れてよかった。
そして、今日この子を抱きしめることができて
本当によかったと思っています。

車の中で安心して伏せるこの子をみて
必ず幸せにしてみせる!そんな想いが溢れました。

082セッターメス


この子にとって、長い1ヶ月だったでしょう。
どんなに不安だったでしょう。

こういう子がほかにもいると思います。

見に来る日にちを確実にし、それが伸びる場合
公示してチャンスを与えてあげること
それがこの子達にとって確実に生きる道への
最善の方法ではないでしょうか。


人間の罪を擦り付けられた
猟犬たちが増えないよう、私たちも
活動の目的をしっかり持ちながら、頑張ります。

新しい子達、どの子もいい子です。
センターに収容されているポインターは
CACIで引き取ります。
038ポインターオス30日


11月23日 12月22日 里親会を開催します。
詳細はあらためてお知らせいたします。

byボン


応援してくださる皆様、
ぽちぽちっとお願い致します

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村  マジックからのお願い


人気ブログランキングへ
                     
                                          
                

Comment

  • はち
  • URL

どの子も甘えん坊で可愛い子ですね。
ポインターもとても凛々しくてかっこいいです。

一頭でも多く素敵なご縁がありますように。

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する