avatar image

9/26(金) 千葉県議会の放送を是非ご覧下さい



明日 平成26年9月26日(金)

千葉県9月定例県議会 会派代表質問にて

横山秀明先生 が 猟犬問題についてお話下さいます。


★ 千葉テレビ『テレビ傍聴席』 
  : 会派代表質問 
    午前10時~12時 午後1時~3時15分


★ インターネット放送 千葉県議会インターネット中継




私たちの声を直接受け止めて頂いての代表質問。

CACIにとりまして 大切な一歩を刻む場面となります。

どうぞ ご覧頂ければと思います。





〜 以下 Gundog Rescue CACI facebookページより 〜


◎ 9/16タイムライン記事

  本日 千葉県議会議員の
赤間正明先生
横山秀明先生と千葉県庁議会棟にて
猟犬問題について県の環境生活自然保護課
健康福祉部衛生指課 各狩猟等にかかわる
課の職員の皆様方とお話をいたしました。

詳細につきまして、またUPいたします。

9月26日(金)会派代表質問にて
お話をいただけることになります。
https://www.pref.chiba.lg.jp/gikai/seichou/oshirase/tv-nittei.html

まずは、千葉県の猟犬問題において
CACIの声を直接届けることが出来ましたのは
赤間先生 横山先生のおかげと
心よりお礼申し上げます。

まずは、1歩踏み出すことが出来ました。




◎ 9/17タイムライン記事

千葉県における狩猟犬問題について
今まで、声が上がってこない現実もあり
各課の職員の皆様に直接お話しをさせて
いただけた良い機会だったと思います。

ここからがスタートなんだと
あらためて思いました。

千葉県は猪が増えており
今は罠を使う猟が多いそうですが
CACIが懸念する
獣猟犬の増加、鳥猟犬のなかにも
獣猟をさせてきたと思われる犬が
増えていること。
それに対し
飼い犬 人に対する事故が
増えることが予測されるということも
お話をさせていただきました。

県として、現在狩猟免許更新の際
マイクロチップ装着の啓蒙
管理、訓練における重要性を
パンフレット、口頭でしていただいているようですが
マイクロチップの装着はしても
登録したかの把握が出来ていないことを
問題点とされていました。
(狩猟犬に限らず)
また、千葉において狩猟犬事故2例があったとのこと。

マイクロチップの義務化にむけて
多くの方が呼びかけ、働きかけ
その方向に向かう中で

飼い犬と実猟犬との区別の重要性を
お伝えし、千葉県での猟犬放棄 迷子を
なくすために狩猟犬登録導入が
必要であることをお伝えしました。

今回の議会で具体的な事柄は
出てこないかもしれません。
ですが、あきらめずに進むまでです。

私たちが手にしているこの猟犬たちが
何よりもその事実を訴えているのですから。

10月は市川市に行って参ります。

〜 転載ここまで 〜



                         桃金

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する