FC2ブログ
avatar image

近況です

しばらくブログにUPされない子もいます。
あの子は今、どうしてるんだろう?とご心配いただいていると思いますので
まず第一弾として、皆さまにご報告です。



セナ君 
先日、動物病院へ行くため、セナ君とOトレーナーと行きましたが
とても落ち着いていて『えっ?本当にセナ君?』と驚きました、とさくらさんからのご報告。
家庭内での暮らしは、問題なくとてもいい子だそうです。
O先生、本当にありがとうございます。
先生のおかげで、セナ君の心も満たされてあんなに穏やかになって。
家庭犬としても十分に過ごせるワンとなりました。
いいご縁、引き寄せますから~。。
O先生宅にて訓練していただいています。
フィラリア治療は継続中です。
center-senna15.jpg


タッチ君 
タッチ君はドタバタ騒ぎとカイカイと、ケージ内では落ち着かないため
K先生宅にお預けして、訓練していただいています。
30日が過ぎたところから、K先生からいただくご報告の中に
『落ち着いています』と言う言葉が多くなり、先生から
『もう、募集ができそうよ』と嬉しいお言葉も!!
人が大好きで、素直な子です。
K先生、本当にありがとうございます。
タッチ君に会える日が楽しみです。
044タッチ11




マリアちゃん
セッターのマリアは、癌が肺に転移していることがわかり
命の宣告を受けました。しかしそんなことは嘘のように、
現在、Nボランティアさん宅で沢山の愛情の中
幸せな日を過ごしています。
青空の下、気持ちいい潮風に飾り毛をなびかせるマリア。
どんなに嬉しいでしょう。。

Nさん、R君本当にありがとう!
まりあちゃん


誠君
セッターの誠は、フィラリア症が進行し腹水が溜まり始めて
しまいました。腹水は現在お薬のおかげで溜まりませんが
血の逆流が見られ、倒れることが多くなりました。
誠もセンターアパートで今後もお世話していくように
なると思います。誠は人が大好きで、とっても甘ったれです。
家族を見つけてあげられないかもしれない。
でも、誠にとって残されている時間に限りがあるのなら
私たちが、このこの家族として最後までお世話して行こうと
思います。奇跡を信じて、これからも治療を続けていきます。
center-makoto4.jpg


カッシー君
セッターのカッシー君もフィラリア症強陽性で悪化。
咳き込みもひどく、肺炎を起こし辛そうでしたが
かのんママからのご支援のお薬をオリオンさん経由で
いただきました。状態が落ち着いてきました。
今のところ、肝臓の数値がやや高め程度ですが
心臓はさほど悪くないよう。
お散歩中に酸欠を起こすので、かなり注意が必要ですが
楽しそうに『ルンルン』とお散歩に行きます。
カッシーは、かなり頭のいい子で人を見ています。
そしてコマンドには従う素直な子です。
カッシーが健康になり、新しい家族とめぐり合えるように
治療をしながら元気になる日を待ちたいと思います。
162カッシー



あらき君
ハイジ、ウェスティの女の子ですが、ハイジもやはり
状態が悪く、最近ではクッシング症候群と診断をされました。
オークママの所で、お世話になっていますが
里親様探しができる状態ではありません。
ですが、毎日元気に暮らしています。
病院の通院は多いものの、オークのママの
愛情とお世話が、今ハイジを生かしてくれているように
思います。オークママのところには、コッカーのロン君も
ステイ中です。広島から来た子達全て、オークママが
管理してくれています。シーズーのあらき君は
センターアパート、私たちのシェルターにいますが
マラセチア、アカラスが出ており、オークママが頻繁に
シャンプー、病院までを担当してくださっています。
募集に入るまでには、時間がかかりそうです。

CAOBX714.jpg


黒ラブのんちゃんですが
腹水は1週間で4リットル溜まります。心臓のほうも
かなり悪く、通常の心臓の2倍の大きさになりました。
とっても愛らしく、私の後ばかり追いかけてきます。
この子にとって、私が最後の飼い主となるでしょう。
もっと時間があるお家に行けたなら・・と思いますが
この子も、里親様を探している時間はなさそうです。
何のために生まれてきたのか・・・
のんちゃんの愛くるしい目を見るたびに
心が痛みますが、センターではなくこうして
生きていられることで良かったと思うことにします。




セッターのメーネちゃんですが、かなり元気になりました。
心臓弁膜症は進行しているようですが
それでもよく食べ、よくふざけみんなと仲良くしています。
水を良く飲むようになりましたが、このまま
少しでも楽しく、暮らしてくれたらと思います。
049メーネ




セッターのモカちゃんですが、耳の中に大きな悪性癌ができており
手術しました。片方の耳の聴力は失いましたが
回復に向っています。乳腺腫瘍は取り除きましたが
こちらも、悪性、両性の半々だそうです。
新しい家族を見つけてあげることは難しいかもしれませんが
モカだけを見てくださるおうちがあればな・・と思います。
本当に優しくて、かわいいセッターです。
来週退院してきます。
(病院にて)
SN3B0190_0001.jpg


サーフと言うセッターも石が溜まってしまうため、療法食になりました。
歌丸師匠

センターでも血尿だったため心配でした。
手術し、こんなに大きな石が取れました。
サーフの場合は、石を溶かすフードを食べれば問題がないので
このまま処方食を続けます。

!cid_005201ca2593$1de7a120$0300a8c0@your99a6cc421f.jpg


センターアパートの近況でした。

ボランティアさんたちも、そしてトレーナーの先生も
本当に頑張ってくださっています。

そして何よりも、ご支援くださる皆さま、ありがとうございます。

Comment

  • 桃金
  • URL
家族

里親さまにご縁があろうとなかろうと、こうやって私達のもとへ来てくれたからには、もう、家族同然。

週に1回か2回、しかもほんの数時間しか一緒にいられなくても、どの子もできることならみーんな自分の家に連れて帰りたい、自分の家の子とおんなじ。
直接、お世話できなくても、預かり先様やボンさんのお家の子に対してもそうですよ。
そんな思いでお世話をしているのは、きっと私だけではないはず。

アパートから巣立っていっても、そのまま残っても、生きてて良かったと思ってほしい。

病気の子たち、みんな頑張っていますよね。
それじゃ、人間の私達だって頑張らなきゃ~ですe-271

  • ホーリーママ
  • URL

それぞれの最近のお顔と、様子がよくわかっって(いいえ、この何十倍も、色々な事があるのだろうな~)
みんな、頑張っているのですね。

病気。こんなに沢山の病名、初めて聞く物も多く、驚いています。
ボラさんたち、それぞれの症状に合わせながらの
お世話も、並大抵ではないけれど、少しでも楽に、少しでも笑顔を、と思っていらっしゃるのが、ヒシヒシと感じられます。
みんなの顔を思い浮かべながら、ホーリー、ソフィのお世話をしていきたいと思います。

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback