FC2ブログ
avatar image

『心』

先週の木曜日、朝のお当番で一緒のカイちゃんが、
『大変、マスターが!!』となにやら一生懸命掃除をしていた。

『どうしたの??』と私。


『フードの袋、水のみのバケツ(プラ製)毛布、すごいことになってるよ。』


マスターのケージを見て驚いたの、何の・・・・


ケージのそばに置いてあったフード袋が破れて、ケージ内に流れ込み
毛布はちぎられ、プラ製のバケツは粉々に・・・。

おまけに残りの歯が少ないのに 歯の欠片をカイちゃんが見つけて・・・・。



菊さんが、マスターの血液検査のため病院へ連れて行ってくれたとき
マスターの歯が、かなり削られていることを心配し
先生に聞いてきてくれた。

カットされているようにも見えるとのことだった。


切端咬合もいいところ、犬歯まで前歯と同じ長さ。




マスターはとても穏やかな性格で、お散歩も本当に上手。



歯を見れば、かなりの年齢にも感じるが


他を見れば、まだ6歳位にも見える。




マスターはセンターに持ち込まれた犬。



何があったのだろう・・・。





公園でマスターの歯をよく見てみた。


もしかしたら、閉じ込められてそばにあるもの全てを破壊してきたのかもしれない。


そう思わずにいられなかった。


それほど、穏やかな子なのだ。




桃金さんとセンターに迎えに行ったとき、空を仰いで立つマスターに

『幸せになれるように』と心から思った。

024マスター
マスター ♂   フィラリア強陽性 腎不全





今の環境にいつかはなれるだろう。

その間、マスターの心が少しでも落ち着くような配慮をしなければいけない。



先週から1週間経ち、菊さんが100斤で、合計200円という優れものの
水のみを用意してくれた。


ステンレス製のケージにかけるタイプ。

これが最高に使いやすい。(菊さん、ありがとう!)


壊れるもの、壊せるものがないようにマスターの周りにあるものを
全て片付け、お散歩もなるべくのんびり行くように心がけている。



動物にも『心』があり、置かれた環境に文句も言わずに生きている。
でも、文句が言えない代わりに、行動で示したサインをいち早く感じ取り
対処しなければならない。


マスターの生い立ちはどんなだったのだろう・・。


苦しい時が長かったのではないか、そう感じてしまう。






動物と暮らすために必要なこと。


それは 観察すること!



何を訴え、何を伝えているのかを感じ取ること!






マスターの心が、落ち着いてくれるようにと願いながら



本日朝のお当番を終えました。




今日のひとコマ
自分で付けといてなんなんですが
ぴったりの名前だと思います。アマアマ攻撃に、カイちゃんもノックアウトされていました~
美形!キュート!きれいな子です。小さい小さい!角砂糖かな~~。
シュガーちゃん 2~3歳 ♀
SN3B0200_0001.jpg


お次はキース君!

トレーナーの先生、3人。
智美トレーナー 成トレーナー みさえトレーナーのおかげで
キース君、家庭犬として送り出せます!!
腿を叩くと、すぐに戻ってきて座ります。
アイコンタクトもバッチリですよ。
キース君の横顔もとっても素敵!!
SN3B0199_0001.jpg

はとを追う姿を見てホレボレ。
猟犬は美しい!!

キース君は必要以上に鳩は追いませんので。。


SN3B0198_0001.jpg

金子負傷につき、引っ張りがやや強めの子にはコレ!!
必需品です。

装着簡単、片手で散歩!

魔法の胴輪、イージーウォーク!!

コレさえあれば、引きの強い猟犬でも難なく散歩!

ジェームス君は、まだ落ち着きがないため今日は装着してみました!

楽チンですよ。

キース君は、そんなに大変ではないのですが使ってみました。

本当に引きませんね。




時間が経てば、不思議とお散歩も覚えてくれます。

猟欲は消えませんが、薄れることも多々あります。

この子達は、これから猟をするわけではないので

鳥を追うより、レトリーブをしたりしながら興味を示す対象を変えていけるように

トレーナーの先生は頑張ってくださっています。

SN3B0197_0001.jpg


毎日の訓練が大事ですが、今日私はおさぼりしました~~。
先生、申し訳ございませんでした~~


                 by bon(カイちゃん、通しでお疲れ様ね♪)

Comment

  • 桃金
  • URL
マスター

普段は本当に穏やかな子です。

ただ、ボラのみんなも気付いていますが、かなり怖がり屋さんなところがあるようですね。

アパートに来た当初は、お部屋の中でもお散歩中も、尻尾はずーーーっと後ろ足の間・・・。

外に出れば、横を通り過ぎていく自転車、そして大勢の子供たちにもビクビクし、お散歩途中で固まってしまうことがしばしばでした。暗くなったら、前方からの車のライトも怖がっている様子。


それでも、暗くならないうちに外へ連れ出したり、立ち止まってしまったら動き出すまでしばらく一緒に待ってあげたり、怖がっていたら抱きしめてみたり、とみんなが出来るだけマスターのペースに合わせてあげるように心がけてきたつもりです。

最近は、お散歩中も尻尾を高々とあげ、立ち止まることも少なくなりましたね。慣れてきたのかな?


先週の水曜日の夜、センターアパート周辺ではかなり激しい雷雨がありましたよね。
もしかしたら、それも関係あるのでしょうか?
ジャックの様子は見ていたのですが、別部屋のマスターにまでは気がつきませんでした。


私達が関わる子は、きっと心に深い傷を抱えている子ばかりなのでしょうね。
少しでも、“ 今 ” に幸せを感じてもらえるよう、みんなの心の声を聞いていきたいと思います。

  • コロママ
  • URL

いつもみんなの様子をお知らせくださって、ありがとうございます。

シュガーちゃん、我が家のコルクによく似ていますね。
超甘々なところも。
コルク、オリコウになりましたよ~。
放しても、笛で戻って来るようになりました。
お陰で、毎朝いっぱい走らせてあげられるようになりました。
鳩さんにセットして、フラッシュして、でもちゃんと戻って来ます。
これ、私の夢だったんです。

どの子も甘えん坊で性格のいい子が多いですよね。
いい家族になれる子達だと思います。
多くの人にそのことを分かって欲しいと思います。

金子さん、負傷ですか?大丈夫?
どうぞお大事になさってください。

  • めう
  • URL
ごはん<愛情

先日、朝のお散歩順が1番最後になったマスター。
行きはよいよいv-341・・・帰りはノロい~。
私がしゃがんだ所まで歩いては止まり、歩いては止まり・・・その繰り返し。
(ちなみに、三番瀬でお世話していたダンボe-134との気長なお散歩を思い出しましたv-398
それを3歳くらいの男の子v-205とおばあちゃんv-510が見ていて「なでさせて」と寄ってきました。
ペタペタ触られても、じっとしているマスター。
本当におりこうさんです。

中学校の周りをランニングするお兄ちゃんたちをずっと眺めているマスター。
(ちょっと邪魔になっていましたがv-356
「ごはんだから帰ろう」と声をかけても、アパートが目の前でも動かないマスター。

この子を満たすのは“ごはん”じゃなくて“愛情”だったり“怖くない経験”なのだと思いました。
今は少しずついろんなことを吸収しつつあるのだと思います。
ボラたちはそれをそっと手伝うだけなんですよねv-392

P.S あまりにも遅かったので、アパートではごはんタイムが終わっていました(笑)。

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback