avatar image

2016年度 CACI同窓会報告 〜その3〜





さて

楽しい時間が過ぎるのは あっという間。


陽が傾き

影もだいぶ伸びてきました。






ふふ。

バギーくん がずっと一緒に歩いてくれたんです。






そろそろ閉会。

この日のオークションや 里親様が開いて下さったカフェでの売り上げなどを

すべて寄付して下さいました。



IMGP0655_convert_20161115203021.jpg
<photo by えぬちゃん>

たくさんのご支援 ありがとうございました。





代表 ボンさんからのお礼の言葉。

DSC09140_convert_20161115190917.jpg

泣き虫ボンさん。

これは撮影しようと 休ませていたカメラの電源を ON!。








『 その子の命が終わるまで関わるのが保護活動。』


『 何かがあれば 必ず駆けつける。』




ボンさんの想いが溢れ出る言葉が続きます。










私たちボランティアメンバーは 

ボンさんのように直接的に里親様方と接する機会は多くありません。 

ましてや お力になれるということは。。。




それでも

実際に動き 大きな決断を下すボンさんの手助けという形で

メンバー各々が 何かしらすることによって

結果的に それが

ワンちゃんたち 里親様方ご家族のためになっていることがあるとしたら

それはとても嬉しいことなのです。







そういうふうにしか出来ないというか。。。







たとえ 関わった子が 先にこの世から旅立っていったとしても

皆様との素晴らしいご縁は続いていく。

そう 思っています。

だって その子がせっかく繋いでくれた絆なのですから。





皆様の家族となったワンちゃんたちは

私たちにとっても 

すごく すごく 愛おしい子たちなのです。









お越し下さいました皆様

会場にいらっしゃれなくても お気持ちをお寄せ下さいました皆様

そして

幹事役の皆様

お招き下さり ありがとうございました。






来年も また たくさんのご家族にお会いできますように。

それを楽しみに

また メンバー一同 毎日のお世話をしっかりとやって参ります。






 

                    そして

                    私は カメラの準備をしっかりと・・・ はい。。。


                        桃金でした。



Comment

  • BJAmom
  • URL
有難うございます

3編に渡る記事、楽しさ、温かさ、絆の深さが良く伝わってきました。里親さん達も、CACIから我が子を迎えて良かったと改めて感じた事でしょうね。
もちろんワタクシもですよ。
実際にたくさん助けて頂いて、心強く、感謝の気持ちでいっぱいです。

  • バギー家です。
  • URL

バギーを映して頂いてありがとうございます♪
あの日のバギーを見ればcaciの皆様が日々どんなにお世話をしていてくださるかわかります。
ボラさんのところに行って離れませんでしたから(笑)いつも本当に頭が下がる思いです。
感謝しております。また会えることを楽しみにしております。

  • 桃金
  • URL
BJAmom さま

私たちこそ、素敵なご縁をありがとうございます。
少しでもできることをと、シェルターでお世話している私たちが
ワンたちのおかげでこのような幸せな思いをさせてもらっているのですから。
ワンちゃんとご家族皆様方の笑顔が、うれしいプレゼントなのです。

  • 桃金
  • URL
バギー家 さま

こんばんは バギー家さま。

はい、気付くといつも私たちのそばに居てくれました、バギーくん(笑)。
その様子を微笑んで見守ってらっしゃるパパさま、ママさまの姿に
バギーくんがとても愛されてることが伝わってきました。

里親様の中をあちこち歩き回る私にもつきあってくれて
皆様から、かわいいかわいいと撫でて頂いていましたよ〜。


私たちこそ、バギーくんに癒されたくさんの笑顔にしてもらっていたのです。
本当にありがとうございました。
また、笑顔にしてもらえるよう
お会いできるのを楽しみにしております。

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する