センターのガンドッグ

イングリッシュ・セッター イングリッシュ・ポインターの里親募集!CACI活動ブログ!

猟犬の保護に関して



このところ立て続けに、猟犬の迷子を見かけた、保護をしている等
お問い合わせやご相談が続いております。

現在、猟期中につきハンターと逸れた猟犬を見かける方が
増えているようです。
数日彷徨えば、ガリガリに痩せてしまい
可哀想と思う方も多いかと思いますが
猟犬の種類にもさまざまあり

鳥を追う種類と
イノシシ、鹿を追う種類と分かれます。

当会では 鳥を追う ポインター、セッターに限り
保護をしております。

最近では、ポインター、セッターも
イノシシ、鹿猟に使われていることがあるため
保護の段階で、あきらめざるおえない問題も出てきております。

また、はぐれたと思われる猟犬を見かけた場合
近くの保健所へまず連絡をしていただき
探している方がいないか、ご確認をお願いいたします。

保健所に連絡し、愛護センターに収容されることは
可哀想なことではありますが
獣猟の場合においても、人や家畜などへ被害が
及ぶ場合がありますので、早急な対応を
行政にお願いすることも必要かと思います。

最後に可哀想な目に合うのは
万が一、人や家畜、ペットなどを
咬んでしまった場合、その子の命で
償わせる結果になってしまうことです。

救いたいと願うのは、皆様も同じと思いますが
私たちも、保護したら一生その子を見て行かなくては
なりませんので、自分たちの持つ技術、知識で
救える子しか保護ができないことを
どうかご理解いただきたく、よろしくお願いいたします。
別窓 | お知らせ | コメント:0
∧top | under∨
<<鳥さんロックオン | センターのガンドッグ | 登人>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| センターのガンドッグ |