avatar image

日々の想い



〜〜〜 CACI HP より 〜〜〜



最後のお世話




皆様、こんにちは。

昨夜、シェルターの子たちのお世話が終わるころ
仲間が続々とムクリンに最後のお別れに来てくれました。

ムクリンの長い毛をみんなで整えてくれました。

風になびき、光るムクリンの毛
歩くと耳がピョコピョコと動く可愛い姿
トッピングが好きじゃないと 拗ねるムクリン

どんな時のムクリンも
本当に愛らしかった。


人は自分のための人生を 選択して歩き
自分の命を大切にすることもできる・・

でも、犬は自分のためではなく
飼い主のために「生きている」のではないかと・・


 22日の朝、仲間とこんな話をしました。

この時が「別れ」になるかもしれないことを
いつも心に想いながら世話をすること・・

最後にどのように自分が接したか。

心ある触り方をしたか?
笑顔だったか?

それとも 傍に来たからただ触ったのか?

私たちにとって、1回 1回の当番(世話)がすべて。

命あるもの、別れの時が
いつ来るのか、誰にも分りません。

だからこそ、人であれ犬であれ
別れ際は 優しい笑顔でいたい。

あの子たちの記憶の中の最後が
優しさと安堵で包まれるよう、
心の中で想いながら・・・。

シェルターで看取る子も
沢山いますが、それでも
焦りたくはありません。

個々に合うご縁が来るまで
じっくりと待ちながら、今日も
心あるお世話をしたいと思います。



ムクリンの寝顔を見ていたら
まだ生きているようで、やわらかで
お座りをして オヤツをねだりそうで・・

雲もない青空
ムクリンの体は軽くなって
駆け上がっていきます。


さよなら・・ね。


1485321364_convert_20170125214324.jpg








Gundog Rescue CACI facebook


1/25付 投稿記事にて

ムクリン の画像を沢山アップしてあります。


愛らしい むく の姿を

覚えていて下さると嬉しいです。


 

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する