FC2ブログ
avatar image

フレキシブルリードの危険性

朝方は涼しい風、気持ちがいいですね。


さてさて、日ごろから感じていることがあるのですが。



皆様、フレキシブルリードってご存知ですか?

伸び縮みするリードです。


最近、街中散歩でよく見かけます。

しかも、えんらい伸ばして散歩してる人が多い!




先日、訓練中の犬を連れ 歩いているときのことでした。

いきなり反対側の道路にいたチワワが、急にこちらに向って走ってきました。
飼い主さんは、リードを縮めることより、犬を追いかけるんですよね。

縮めても間に合わないくらいの早さでした。


その訓練中の子とは、相手が悪かった・・・『ゴルちゃん』でした


ゴルが訓練所に入る前、その決断を迫られた丁度そのとき。
ようは、こういうことが ゴルちゃんの『恐怖』のスイッチが入り
しばらくスイッチが切れず、人に対してもかなり警戒してしまう
出来事になります。


飛び掛られたゴルが咬もうと思えば、チワワは生きていなかったでしょう。

とっさに首輪を掴みゴルを抑えましたが
ゴルはそのチワワに、後ろ足を咬まれました。



フレキシブルリードは、犬をコントロールするには適していません。
急に引っ張られると 手から外れる。
他の犬に吠え掛かる、引っ張る、そのような行為が在る子に
使ってはいけない。

ましてや、狭い道路などでは決して伸ばしてはいけない。


誤った認識で使っている飼い主が多すぎる。

『自分と自分の犬さえ良ければいいんだ!』と言う考え方が
犬嫌いの人を増やしてますよね。

犬嫌いじゃなくても、嫌ですね。


こちらのシェルターの近くでは、よく見かけるんですよ。


また、小型犬の自転車散歩。
これもどうしましょう・・・・・
いきなり、心臓はMAXですよ。
いきなり走り出して、全速力で走っていく飼い主。
必死について行く犬・・・
はぁ・・・見ていられません。

おっと、言い出したらきりがない・・・



それで続きですが、

道路では、普通のリードを使ってのお散歩。
公園などでフレキシブルリードに付け替え、
お散歩するようにしてほしい!


いやいや、本音を言えば


『あんなもん、売るんじゃない!』     

と思っているボンでした。


正しく使えば便利なものでも、使い方を誤れば危険なものにもなる。
便利になるのはありがたいですが、そこについていけない人間が多いのなら
便利になるのも 良し悪し ですね。


使う人間次第ってことですけどね。



皆様の身近でも、このような思いや
見ていて 『あちゃーーー』のことありませんか?

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback